家を解体することになり仏壇を片付ける方法

長く暮らした昔からある実家を、老朽化や住む人がいなくなるという理由で解体しなければならないことがあります。

新しい家に引っ越すとしても、前よりも狭い場合は使っていた全ての家具を設置することができなくなります。また、介護施設に入るなどの事情で、家の取り壊しとともに使っていた家具も全て処分しなければならないというケースもあるでしょう。

普通の家具であれば、あまり深く考えることもなくリサイクルに出したり粗大ゴミに出してまとめて処分することができますが、どうしたらいいのかと悩んでしまうのが「仏壇」です。

仏壇を片付けたいと思ったなら、実は他の家具同様に処分しても問題はありません。とはいえ、やはり処分をする場合は、注意点はあるので、家を解体する予定のある人は、仏壇の処分の方法に関してよく確認しておきましょう。

閉眼供養を行うことが必要

仏壇というのは、ご先祖様の魂が宿っていると考えられていることから、やはり普通の家具とは異なります。

仏壇には、購入した時に開眼供養が行われたことにより、ご先祖様の魂が入っていると考えられています。

仏壇を処分する際には、閉眼供養といって仏壇に宿っているご先祖様の魂を抜く必要があるのです。

閉眼供養をするには、自分の家のお墓があるお寺、つまり菩提寺に依頼してお経を読んでもらうことになります。

もし遠方であるなどの事情があり、菩提寺に依頼することが難しい場合は、宗派が同じ他のお寺に依頼することも可能ではあります。

閉眼供養が済めば、ご先祖様の魂も抜けたことになるので、仏壇を処分するということに対する抵抗も少なくなるでしょう。

お坊さんによる魂抜き

菩提寺に仏壇を引き取ってもらう

仏壇を処分するために1番簡単で確実な方法は、閉眼供養をしてもった菩提寺にそのまま引き取ってもらうことです。

引き取られた後は大抵は炊き上げによって処分さることになります。

菩提寺で仏壇を処分してもらう場合は、閉眼供養の分とはまた別にお布施を払う必要があります。

金額の相場がわからない時は、周りの詳しい人や場合によってはお寺側にも相談してみると安心できます。

お布施を渡す様子2

仏壇の専門店に引き取ってもらう

仏壇を専門に扱う仏壇・仏具専門店では、仏壇を販売するだけではなく、不要となった仏壇を引き取ってくれることが多いです。

もちろん料金は支払う必要がありますが、お寺に依頼するのとは違い、料金がいくらなのかを明確にわかっていることがメリットです。

仏壇などの引き取り・処分をしている専門の業者

家具などの不用品を処分している業者はよくありますが、最近では仏壇の引き取り・処分をしている業者もあります。

スタッフが不要になった仏壇を回収してくれるので、手間もかからず1人では運べないという人でも安心です。

業者さんにもいろいろありましておおまかに分けると、

  • 不用品引き取り業者
  • 仏壇の引き取り専門業者

が存在するわけですが、仏壇の引き取り専門店では、合同供養ではありますが、炊き上げをしてもらうことになります。

しかし注意したいのは、不用品引き取り業者では、本来仏壇の専門知識があるわけではなく、処分前には仏壇の供養をしてもらえないというデメリットがありますので気を付けましょう。

引き取り業者に処分を依頼する場合は、必ず菩提寺や周りのお寺に相談をして閉眼供養をしておきましょう。

仏壇の搬出前のお参りの様子仏壇の搬出前の荷造り仏壇の運び出し

【引き取り業者による搬出の様子】

粗大ゴミとして出す

仏壇は家具と同じで、粗大ゴミとしても出すことができます。

閉眼供養を済ませた仏壇は家具と同じです。

しかし、いろいろな思いから、「仏壇をゴミとして出すのはちょっと…」と嫌がる人もいます。

また、仏壇をゴミに出すとなると近所や周りの人の目も気になり、陰で噂をされてしまう可能性があります。

仏壇を粗大ゴミに出すことは、処分に必要な決められた費用さえ払えば違法なことではなく問題ありません。

ただ、仏壇をゴミとして放置したり人から見られることに抵抗があるのなら、直接粗大ゴミの持ち込みを受け入れている処理場に運び込んだ方がいいでしょう。

仏壇を処分する際の注意点

家を解体することをきっかけに仏壇を片付ける場合、方法はいくつかあり都合のいい方法を選ぶことができます。ただし、注意点もあります。

仏壇を処分する前に、仏壇の隅々までをチェックしておくことが大切です。

特に仏壇の引き出しの中には、お金や通帳、大切なものがしまわれていることもよくあります。

知らずに処分してしまってからではおそいので、必ず空っぽにしてから引き渡すようにしましょう。

それから、どこに依頼するとしても仏壇を片付けて処分するには必ず費用がかかります。

大体の相場はあるものの、処分を依頼するお寺や業者によって金額は異なります。

知らないうちに損をしないためにも、料金について調べた上で慎重に処分先を選びましょう。

いろいろな収納スペース

まとめ

家を解体するときに、どうしたらいいかわからず悩んでしまうのが仏壇の片付け方です。

もう仏壇のお手入れをするのが難しい事情があるのなら、しっかり供養をした上で思い切って処分してもいいでしょう。

ただ、形のある仏壇はなくなっても、ご先祖さまを大切に思う気持ちは忘れずにしていきましょう。

 

関連リンク

お坊さん派遣サービスについて

お坊さんを呼んで、魂抜き供養をお願いする流れ

仏壇を粗大ごみで出す方法

仏壇処分を解体業者に断られた時の対処方法

 

愛知県で仏壇整理専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/aichi/

愛知県でお坊さんの手配はコチラ⇒https://gokuyo.com/