老人ホームなどの介護施設に入ることになった場合の仏壇の対処方法

昔は生涯を自宅で終えるという人が多かったのですが、少子高齢化が進み介護施設が増えた現代では、老後は施設に入って暮らすという人も珍しくはありません。

老人ホームなどの介護施設に移り住むとなると、生活に必要なものを持っていくことにはなりますが、当然自宅にある全てのものを持って引っ越しをするわけにはいきません。

介護施設によって、【持っていけるもの】と【持っていけないもの】があります。

そんな時、気がかりになるもののひとつに「仏壇」があります。

仏壇を大切にしているお年寄りは多いのですが、介護施設に入る場合に仏壇はどうすればいいのかと心配する人もいるでしょう。

対処法としては、

  • 「介護施設に持っていく」
  • 「処分する」

という方法になるかと思います。

状況によってどちらかを選択しなければならない場合があるので、それぞれの対処法について詳しく説明したいと思います。

「まだ介護施設に入る年齢じゃない」とのんびり考えている人も、いつか直面する可能性が高い問題なので、前もって確認しておきましょう。

 

介護施設には仏壇を持っていける?

介護施設に仏壇を持っていけたら、毎日拝むこともできて1番いいと思いますよね。

これに関しては、残念ながら施設によって可否が異なるというのが実情です。

介護施設には家具や必需品が揃っていて、大型のものを持ち込むことは一切禁止しているところもあります。

ただし、個室であれば仏壇を設置してもいいという施設もあるでしょう。

まずは、介護施設に仏壇を持って行っても良いのかということを事前に問い合わせて確認することが必要です。

 

介護施設で仏壇をおく場合に注意したいこと

仮に、介護施設に仏壇を持って行くことがOKだったとします。

しかし、自分が生活するのが他の人もいる相部屋だった場合、自宅にいた時のように仏壇を扱うことは避けた方が良いでしょう。

仏壇が同じ部屋にあるというだけで、正直なところ気味が悪いと不快に感じてしまう人もいます。

仏壇は悪いものではないのですが、死者を連想させますし、毎日部屋に置かれているのを見ながら暮らすのはいい気分がしない、と思われてしまうのも仕方がありません。

たとえば、仏壇に向かってお経を唱えるようなことも、相部屋で他に人がいる場合はやめた方がよいです。

他の人にとっては耳障りで、クレームやトラブルに発展する可能性があります。

どうしてもお経を唱えたい場合は他の人が部屋にいないタイミングを選びましょう。

たとえ介護施設に仏壇を持って行ける場合でも、相部屋の場合はなるべく他の人の目に入りにくい場所にひっそりと置いておくのがマナーです。

ただし、個室に入れる場合は、よほどうるさい音を立てなければ迷惑をかけることはありません。

入所する介護施設の決まりや、個室が相部屋によって事情は異なるので、まずは施設のルールを確認し、仏壇をどうしても置きたいのなら、可能であれば個室を選ぶことをおすすめします。

 

介護施設に持って行けない場合は処分する

悲しいことではありますが、どうしても介護施設に仏壇を持っていけないのであれば、仏壇を処分することも考えなければなりません。

仏壇を処分するいうと大変なことのように聞こえますが、手順を踏めば、思いの外簡単にできるでしょう。

仏壇は大きなくくりでいうと家具のひとつではありますが、ご先祖様がいる場所と考えると、粗大ゴミのようにあっさり捨てられないという気持ちを持つ人がほとんどです。

しかし、購入時に開眼供養をした仏壇は、閉眼供養をすることによりご先祖様の魂が抜けた状態になります。

閉眼供養、いわゆる魂抜きが済んだ仏壇にはもうご先祖様の魂はないと考えられるので、仏壇を処分することへの罪悪感もだいぶ軽減されるでしょう。

 

介護施設に入る場合仏壇はどうやって処分する?

介護施設に仏壇を持って行けないということがわかり、あきらめて処分をすることを考えた時に問題となるのが、どのようにして仏壇を処分するのかという方法です。

手順としては

  • 菩提寺に相談して魂抜きを行う
  • 仏壇の引き取りをお願いする

順番にみていきましょう。

菩提寺に相談して魂抜きを行う

まず、菩提寺であるお寺に仏壇の引取ができないのかと問い合わせをしてみましょう。

注意しなければならないのが、お布施を払わなければならないことです。

金額はお寺によっても相場が異なるので、周りの人に聞いてみたり、お寺に相談して決めると良いでしょう。

閉眼供養は菩提寺に依頼することが一般的なので、菩提寺によっては、そのまま引き取りに応じてもらえる場合もありますが、引き取りは断られることがほとんどのです。

 

浄土宗魂抜きの様子

【僧侶による魂抜きの様子】

 

仏壇の引き取りをお願いする

そして炊き上げによって処分してもらうことになります。菩提寺に断られた場合には、仏壇・仏具の専門店にお金を払って引き取り・供養をしてもらう方法や、仏壇処分を行っている専門業者もあり、依頼をすれば手間をかけずに持っていってもらうことができます。

仏壇処分の専門業者の場合は、魂抜きも一緒に対応してくれる業者もありますので一度相談してみるのもよいでしょう。

仏壇の運び出し

【専門業者による仏壇の回収の様子】

 

まとめ

介護施設に入る時に仏壇を持っていければいいのですが、実際には不可とされるケースが多いと考えておいた方がいいでしょう。

仏壇を処分することに抵抗があるからと、身内などに手入れを依頼すると負担をかけてしまうことになります。

介護施設に入ることになったら、ご先祖様を大切に思う気持ちを忘れずに、しっかり供養をして仏壇を処分することもひとつの方法です。

 

関連リンク

老人ホームなどの介護施設に入ることになった場合の仏壇の対処方法 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2021/10/04/2081/

引っ越しの為に浄土真宗の仏壇を買い替える方法 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/37/

施設に引越しをする際に仏壇はどうすればよいか? ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/33/

実家の仏壇を片付けたいと思ったら ⇒ https://gokuyo.com/useful/2021/09/13/2068/

 

愛知県で仏壇整理専門業者はコチラ⇒https://reset-soul.com/aichi/

愛知県でお坊さんの手配はコチラ⇒https://gokuyo.com/