仏壇の扉を閉じるのは悪いこと?

仏壇の扉を閉めたままにしてるのですが大丈夫でしょうか?

たしかに一般家庭にある仏壇は、常に扉が開いていることが多く、扉が閉まっている仏壇を見かけることはあまりないかと思います。

仏壇の扉というのは普通はいつも開いているものだというイメージを持つ人が多いですよね。仏壇の扉をずっと開けないままの状態にしておくことは、あまりよくないことなのかと考える人も多いのではないでしょうか?

また、使っていない仏壇があり、扉も閉めっぱなしでどうしたらいいかわからずに困っている人もいると思います。

いっそのこと処分してもいいものか、どうやって処分したらいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。結論から申しますと、意外にも仏壇の扉の開け閉めには絶対的な決まりはありません。

今回は「仏壇の扉は閉じるのは悪いこと?」と題して、仏壇の扉についての疑問や、使っていない仏壇の処分する際には注意したいポイントなどを説明してみようと思います。

仏壇の扉の開け閉めに厳密な決まりはない?

仏壇の扉は開けておくべきなのか?ということについては、実は絶対にこうしなければならないという厳密なルールはないのです。つまり、使わない仏壇を閉めっぱなしにしておくこと自体は特に悪いというわけではありません。

ただ、ずっと閉めっぱなしにしていると湿気がたまりやすく劣化の原因にもなるので、すぐに処分を予定しているわけではないのなら、時々扉を開けて風通しをよくすることをおすすめします。

仏壇の扉は開けたままだと、ほこりがたまるというデメリットがあります。いつも開けておかなければならないという決まりはないものの、使わなくても綺麗にしておきたいという考えるのなら、適度に開閉をした方がいいでしょう。

仏壇の扉は1日のうちでいつ開閉するもの?

一般家庭にある仏壇には、扉が一つのタイプが主流です。そのタイプの仏壇の場合は、朝になると扉を開け、夜になったら扉を閉める、ということが多いです。

これは、仏壇そのものがお寺をイメージして作られたものであるためです。

お寺の扉というのは朝に開き夜に閉まるので、同じタイミングで仏壇の扉も開閉すべきという考えが浸透しているためです。

さらに、扉のほかに障子がついている本格的な仏壇もあります。

このようなタイプの仏壇では、朝にお供えを上げてから障子のみを閉めるのが普通です。

こんな時は仏壇の扉を開けておいた方がいい?

普段使っている仏壇であれば、お盆などに飾りやお供えをする時には扉を開けた状態にしておきます。

これには、御先祖様が帰ってくるのをお迎えするという目的があります。

法事の際にもお供えを持って手を合わせにくる来客があるので、来客に備えて仏壇の扉を開けたままにしておきます。

お正月には、宗派・地域によっては仏壇の扉を閉めるしきたりもありますが、お供えをして手を合わせることも多いため、やはり扉を開けておく家庭が多いです。

葬儀の際には仏壇の扉は閉めるべき?開けるべき?

葬儀の際には、仏壇の扉を閉めておいた方がいいという考えられることが多いです。

これには以下のような理由があります。

神道では神様に穢れが触れないように葬儀の際には神棚に白い半紙が貼られるというしきたりがありますが、仏教でも同じように仏壇の扉を閉めることで穢れが近づかないようにするという考えが浸透しているのです。

ただ、仏教では人の死を穢れとする考え方はなく仏に助けられて成仏するとされています。

そのため、本来は仏壇の扉を開けておく方が仏教の理にはかなっているのですが、実際には葬儀となるとバタバタしてしまうことから扉を閉めておいた方が良いとも考えられます。

四十九日までは仏壇の扉は閉めておくべき?

仏教上のしきたりによって、葬儀から四十九日までの期間、仏壇の扉を開けておくべきか閉めておくべきか、正反対に考えが分かれる場合があります。

《浄土真宗・浄土宗・日蓮宗・日蓮正宗》の場合

葬儀から四十九日までの間は仏壇の扉は開けたままにしておくというしきたりがあります。

これらの宗派は、仏壇に手を合わせること=御本尊様に手を合わせること、という考えを持っています。
そのため、葬儀から四十九日までの間であっても手を合わせられるようにしておくために扉は開けたままにされます。

《真言宗・曹洞宗・臨済宗》の場合

これらの宗派の場合は、葬儀から四十九日までの期間には仏壇の扉は閉めておかなければならないというしきたりがあります。

葬儀から四十九日までの間は何からと忙しいので、扉を開けたままにして御本尊様や御先祖様の前をせわしなくしなく行き来したり、背中を向けたままでいることを避けるためとされています。

仏壇は処分してもいい?

自宅にある仏壇を何らかの事情で管理できなくなった場合、扉を閉めたままで放置しておくよりも処分した方がいいのでは?と考えることもあります。

少子化の影響などにより、墓守がいなくなることで墓を閉めると同時に仏壇の処分をするケースもあります。

また、引っ越しなどで仏壇を設置できなくなったり、仏壇が古くなり新たに買い替えをする目的で処分を考えるケースもあります。

仏壇の扉の開け閉めに関しては厳密なルールはありませんが、仏壇の処分についてはいろいろと注意しなければならないのでしっかりと確認しておく必要があります。

閉眼供養(魂抜き)が必要

新たに仏壇を設置する際には、魂を入れるための開眼供養というものが行われています。

つまり、今ある古い仏壇も最初に開眼供養が行われているはずですので、そのまま処分してしまうと魂が入った仏壇を処分してしまうことになります。やむを得ず仏壇を処分しなければならない時には、お寺や専門業者に依頼して必ず閉眼供養(魂抜き)をお願いしましょう。

お坊さんと仏壇

【閉眼供養(魂抜き)の様子】

仏壇を処分するには費用がかかる

仏壇を処分する場合には次のような方法があります。

  • お寺に依頼
  • 仏具店に依頼
  • 専門業者に依頼
  • 粗大ごみに出す

順番に見ていきましょう。

お寺に依頼

お寺に依頼して処分してもらう場合にはお布施という形で料金を払うことか必要となります。

閉眼供養(魂抜き)はお寺にお願いする事になるので一緒に仏壇本体もお願いする流れとなります。

場合によっては仏壇の本体の処分は断られることもありますので相談してみましょう。

仏具店に依頼

仏具店にも依頼できますが、費用が高くなる傾向があります。サイズによっても変わりますが、運び出しをお願いすることにもなりますので5万円くらいは必要になるでしょう。お寺で閉眼供養(魂抜き)をお願いした後にお願いすることになります。

専門業者に依頼

専門業者に依頼する場合にも同様に費用が発生します。サイズによっても変動しますが、ホームページなどの料金表を確認するか直接問い合わせてみましょう。料金表を掲載しているような業者がお勧めです。専門業者の場合は、閉眼供養(魂抜き)も一緒に対応してくれる業者がほとんどなので、確認してみましょう。

仏壇の搬出前のお参りの様子

【専門業者による仏壇の片付けの様子】

粗大ごみに出す

あまりおすすめできない方法ではありますが、粗大ゴミとして処分するという手段もあります。その場合でも、サイズによって異なりますが自治体で定められた粗大ごみ手数料を支払う必要があります。

玄関前などにあらかじめ出しておく必要がありますので、近所周りにあまり知られたくない場合などには他の方法を選びましょう。

処分の際には引き出しの中も要確認

仏壇には引き出しがいくつもついていることが多く、その中にお金や通帳など大事なものが保管されていることがあります。粗大ゴミに出してしまうと一緒に処分されてしまいますし、お寺や業者に依頼した場合も返ってこないことがあるので、処分する前には必ず隅々まで確認しておきましょう。

いろいろな収納スペース

【仏壇には収納スペースがいっぱい】

まとめ

仏壇の扉は普段から閉めたままにすることが悪いことというイメージを持つ人もいます。ですが、意外にも仏壇の扉の開け閉めには絶対的な決まりはありません。

今の時代、さまざまな事情により仏壇を処分しなければならないケースもありますが、注意すべき点をしっかりおさえておけば処分してしまっても問題ありません。

仏壇に関わっているのはその家に住む人だけではなく、親戚や知り合いなどもいるはずですので、処分をしなければならなくなった場合でも、必ず身内としっかりと相談してから進めていきましょう。

仏壇の管理はつい難しく面倒に感じてしまうこともあります。とはいえ、仏壇の扉をずっと閉じたままにしておくことや、仏壇を処分してしまうことには罪悪感を感じてしまう人は少なくないでしょう。

いちばん大切なのは御先祖様に対する感謝の気持ちであり、形にこだわり続ける必要はないと私は考えます。先祖を大切に思い、供養の気持ちを忘れずにいることがなにより大切なのではないでしょうか。

 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら →https://gokuyo.com