遺骨を埋葬しない(できない)場合の合祀供養について

私が仏壇の片付けのお手伝いをさせていただく中で、一緒にお墓の片付けや、家に残っている骨壺の片付けをお願いされることがあります。 方法としましては、

  • そのまま所持する
  • お寺や霊園に永代供養に出す
  • 所持しているお墓に納骨する
  • 散骨する

などの方法があります。

たとえば、自分の家族でお墓を所持していない場合など、どうしてよいのか分からずに困っている人は多くいます。そのような場合、私は、お寺や霊園に永代供養の手続きを行う形でお手伝いを行っております。

今回は、「遺骨を埋葬しない(できない)場合の合祀供養について」と題しまして、お寺にお願いする永代供養について紹介してみようと思います。

遺骨の取り扱いに関して

遺骨の処分を考える時に注意しなければならないことがあります。

それは、そのまま遺棄したり埋葬することが法律で禁止されているということです。刑法で決められているのですが、例え肉親であろうとそのまま捨てると罰則が科されるのです。

遺骨の処分に困りそのまま遺棄してしまおうと思っても、それが法違反にならないようにしっかりと確認することが大切です。そのままゴミに出したりは絶対しないでください。

永代供養(合祀供養)のお願いをするということ

骨壺が出てきた場合に、その中身の遺骨を永代供養に出す人も増えています。永代供養というのは、自分で遺骨を所持して管理するのではなく、お寺や霊園に預かってもらい供養をしてもらう事です。先祖代々のお墓がある人はそこに納めれば問題ないかもしれませんが、最近ではお墓を持たない人も増えています。そのような場合には、永代供養に出すという方法も遺骨の対処方法のひとつです。

【合同墓地の例】

永代供養に出すことで、お墓を建てるための費用を抑えられますし、宗派に関係なく基本的には誰でも利用することができます。 また、お参りがしやすいようにアクセス環境が良好な寺院や霊園が多いことから、足の悪い人でも気楽にお参りに来られるといったメリットが挙げられます。

永代供養と申しましても、

  • 個別にお願いする方法(個別供養)
  • 他の人と一緒に埋葬する方法(合祀供養)
  • 個別にお願いして一定期間後他の人と一緒に埋葬する方法

と様々な方法があります。

順番にみていきましょう。

個別にお願いする方法(個別供養)

個別にお願いすると書きましたが、一般的には家族単位で利用されている人がほとんどです。個別にお願いする場合は費用が上がってしまいますが、お墓を用意するよりは管理が任せられるところがメリットといえるでしょう。(費用は150万~300万くらいが相場です)

他の人と一緒に埋葬する方法(合祀供養)

合祀供養として、合同のお墓に埋葬された場合、簡単に取り出すことができない点です。 多くの場合、永代供養ではまとめて同じお墓に埋葬されることになります。(費用は10万円以内が相場です)

これは寺院や霊園によって異なるため一概には言えませんが、気持ちが変わって自分で管理したいと思っても、他の見知らぬ人と一緒に埋葬されるため、後で取り出しは難しくなります。 安易に永代供養に出すと決めて実行してしまうと、他の親族とのトラブルにも発展する可能性がありますのでできれば事前に会議を開くなどして決めることをおすすめします。

個別にお願いして一定期間後他の人と一緒に埋葬する方法

中には永代供養と言いながらも、永久ではなく期間を定めているところもありますので、勘違いをしないように事前に確認をするようにしましょう。 このようなメリットの他に、デメリットがあることも理解しておかなければなりません。

また最終的には合祀になるという点もデメリットと言えます。これも上述の通り一概には言えないのですが、一般的には33回忌で合祀になることが多いため、このような点もしっかり把握することが求められます。

合祀供養の特徴とメリットをまとめますと

一般的なお墓との違い

  • 家族単位ではなく個人単位で埋葬する
  • お墓の管理や故人の供養を、墓地の管理者にお任せすることになる
  • お墓の継承を心配する必要がない
  • 一度手続きすると後で遺骨が不可能

価格について

  • 共有のお墓に埋葬されるのでお墓の維持費などの必要がない
  • 個別のお墓を建てる費用がかからない
  • お願いする時の一度だけの支払いで完了する

以上のようなことが言えると思います。

いつも合祀供養をお願いしているお寺について

お寺の南側へ向かって

まっすぐ進んでいただくと

合同墓地が写真左側にあり、埋葬手続きを行っております。

いつでもお参りが可能です。浄土真宗の真宗大谷派のお寺での合祀供養となりますが、宗派を問わず受け入れ可能とのことです。

準備に必要なもの

  • 印鑑
  • 火葬証明書
  • ご依頼人の身分証明書のコピー

の用意をお願いしております。 お預かりさせてもらう当日に、こちらで用意する書類に、どなたの霊位なのか、生年月日や命日などを記載してもらい、手続き完了となります。

まとめ

お墓が無い場合やお墓を片付ける場合、実家を片付けていた時に親族の骨壺がでてきた場合など、お寺や霊園にお願いするのも間違った方法ではありません。

永代供養の料金も、最初の一度に発生するだけで年更新の費用などは一切かかりません。

合祀供養の手続きも対処方法のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか? しかし、前述のとおり、一度手続きしてしまった跡には再度、遺骨を受け取る事はできなくなりますので、家族や親族としっかり話し合った上で手続きを進めていきましょう。

 

 

関連記事

骨壺が出てきてしまった時の対処方法や処分方法 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/93/

実家の仏壇を処分しても先祖供養を続けていく方法 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/02/04/599/

所持しているお墓の片付け方 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/63/  

位牌・遺影・仏壇・などの魂・お性根抜き供養~整理処分や合祀供養をするなら → https://gokuyo.com/