雛人形や日本人形の処分について

このたび30代~60代男女120名を対象にアンケート調査をおこないました。

今回は掲載していただいた「雛人形や日本人形の処分について」を紹介してみたいと思います。

<調査概要>

  • 調査内容:日本人形や雛人形に関しての意識調査 ・調査方法:インターネット調査 ・調査機関:2020年12月17日
  • 調査対象:30代~60代の男女100名(男性40名、女性60名)

掲載していただいたドリームニュースのサイトはこちら

Q1 実家や住んでいる家に日本人形や雛人形がありますか?

まずはじめに、雛人形や日本人形の所持状況について尋ねてみました。「雛人形がある」(37%)、「日本人形、雛人形がある」(31%)、「日本人形がある」(12%)、「どちらもない」(20%)という結果となりました。

 

Q2 実家を片付ける事になった場合、日本人形や雛人形は受け継ぎますか?

実家を片付ける事になった場合、日本人形や雛人形は受け継ぎますか? と尋ねてみたところ、

  • 「お寺や神社で人形供養して処分」(47%)
  • 「人形供養の専門業者にお任せ」(18%)
  • 「自分の家に移動させて所持」(15%)
  • 「粗大ごみとして処分」(15%)
  • 「リサイクル業者に売却」(5%)

という結果となりました。

全体の85%が処分すると回答しました。

みなさんの声

自由回答では次のような声が多く聞かれました。

30代、女性
近年、家が狭いなどの理由で日本人形や雛人形を購入する人が減ってきていると感じます。どんな形であれ、伝統を引き継げるように、省スペースでおける近代的な要素も入ったものがあればいいと思いました。
40代、女性
将来、実家の人形処分に困るだろうなあと、うすうす考えていたところで再度考えさせられました。
50代、女性
買う時はあまり考えずに買いましたが、片付ける時は、とても神経を使います。
40代、男性
人の形をしたものはなんとなく捨てにくい気持ちにはなります。
30代、女性
自分のお祝いで買ってもらったひな人形なので処分はしたくないですが、かさばるので狭い家ではなかなか持っているのも大変だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。特に雛人形は多くの家で所持していることがわかりました。

今回のアンケートの結果は大変勉強になりました。

 

雛人形や日本人形の処分について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/12/22/1911/
ケースが大きくて収納スペースに困る雛人形(雛飾り)の処分方法 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/09/02/1556/ 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら ⇒ https://gokuyo.com/