位牌は管理し続ける必要はない?浄土真宗における位牌の在り方

ほとんどの家に仏壇と一緒に祀ってある位牌。わたしがお仏壇の預かりにお伺いすると仏壇の中に祀ってある位牌を認識していない人がたくさんいらっしゃいます。

お客様
仏壇はこちらになります。
管理人
失礼します。あっ!お位牌も一緒に祀ってありましたね。
お客様
これが位牌だったのですか!知りませんでした。

ほんの一例を紹介させてもらいましたが、「これが位牌だったのか!」と分かった時にどう対処したらよいのか? と悩む人も大勢いらっしゃいます。この位牌の対処方法は宗派によっても変わってきますが、たとえば遺骨と違って、法律で定められている訳ではありませんからルールに縛られる必要はありません。今まで通りに所持しても構いませんし、仏壇整理を機会に一緒に片付けても何も問題ありません。

さらに名古屋に多い浄土真宗では、位牌はもともと用意する必要がないことをご存知でしたか? 今回は「位牌は管理し続ける必要はない?浄土真宗における位牌の在り方」について紹介してみたいと思います。

位牌とは

そもそも位牌は、後漢時代の中国の儒家で用いられたもので亡き人の官位と姓名を記した木簡もっかんとよばれる木の板を祀るのが始まりで、そこには神霊が宿ると信じられていました。やがて日本でも先祖崇拝すうはいと結びつき、鎌倉時代に仏教にも転用されたそうです。仏壇の本尊のもとに先祖代々の位牌は安置します。位牌は朝夕の供養のたびに、故人となった先祖のおもかげをしのぶ唯一のものともいえます。

管理人
日本では大昔は仏教に位牌やお墓は用いられておりませんでした。

位牌の種類

没後四十九日までは白木の位牌(仮位牌)です。

白木位牌表

【白木の位牌の例】

葬儀のあとは祭壇に祀り、忌明け後、仏壇に安置するのが本位牌です。本位牌には、礼位牌(死者個人の位牌)と繰り出し位牌(何人もの位牌をまとめて厨子の形に収め、祥月命日しょうつきめいにちにあたる位牌を表に繰り出すもの)があります。

本位牌

【本位牌の例】

繰り出し位牌中身出し

【繰り出し位牌の例】

位牌の祀り方

本位牌には戒名かいみょう没年月日ぼつねんがっぴ俗名ぞくみょう、年齢が彫られ仏壇に祀らるのが一般的です。まだ死者のない家庭では、先祖代々の菩提を弔う位牌を、仏壇に祀ります。

一般には夫の家名だけで「○○家先祖代々之霊位」と記し、本尊ほんぞん脇侍わきじを除いた最も上座(本尊に向かって右側)に安置します。

仏壇に祀る位牌は先祖代々の位牌のほか、個人の位牌は祖父母、父母、配偶者、また親がわりの方などです。成人前の子供や水子、結婚前の兄弟姉妹などは、位牌よりも過去帳に記して、命日の供養をします。

そして三十三回忌を過ぎた位牌は、菩提寺におさめます。これは生きているあなた方が、亡くなった人に対して代わりに供養することで仏になれるという考えから来ています。(浄土真宗の考え方は後述しますね)

位牌をおくときは向かって右側が上座です。本来位牌は本尊より下の段におくべきですが、やむをえず同じ段におく場合には、本尊のほうへ向けて、少し斜めにするそうです。

いくつもの古い位牌を雑然と仏壇に祀っておくことは、本尊をないがしろにするするもので、聖域としての仏壇ではなくなります。仏のご加護を願ううえからも位牌の取り扱いには注意しましょう。

位牌を選ぶときはあまり大きなものは避けましょう。古くから屋根や台の部分を除いて9cm~10.6cm(3寸~3寸5分)のものがよいとされています

浄土真宗では位牌は必要無い?

ここまで位牌はお仏壇の本尊と一緒にお祀りしましょう!と紹介してきましたが、実は浄土真宗では位牌を祀る必要はありません。浄土真宗では、亡くなったらすぐに仏様になると考えられています。浄土真宗の本尊である阿弥陀如来様が全てお救いくださるので阿弥陀様を信じましょう。というのが浄土真宗なのです。

ですが、故人を偲びたいという人もいらっしゃると思います。そのような方は、「法名軸」や「過去帳」に残すという方法があります。

過去帳の見本

【過去帳の見本】

浄土真宗では、先祖供養を行うことは「生きているあなたが幸せに生きること」と考えます。

たとえば「楽しく過ごせていること」「病気に苦しんでいないこと」「家族全員が笑顔で生活できていること」「何かの悩み事にぶつかって苦しんでいないか」などです。先祖はあなたにとっての血のつながった親であり、人生の先輩にあたる人達な訳ですからあなたの幸せを願っているというのは当たり前のことかもしれませんね。

教義の違いとして、たとえば浄土真宗でも四十九日などの法要をもちろん行いますが、この法要は、亡くなった方の供養の為ではなく、「亡くなった方から頂いたこのご縁を通して親族や家族の皆さんが集まるひとときを大切に過ごしましょう」と考えます。

このようにご先祖を含めた仏さまとのご縁を通して、一生懸命に生きているあなたに幸せになってもらいたいと考えています。

他宗派でも、もちろんあなたが幸せに生きることを目指しています。他宗派ではお寺が行う法要や、位牌などに重きを置き、故人に対しての追善供養をきっかけに、幸せになりましょうと考えており、このような考え方の違いがあります。

まとめ

亡くなった人の代わりに位牌を所持して供養を行う必要はありません。浄土真宗では先に述べた通り、亡くなった人はすぐに仏になられていらっしゃいます。ここからは私の推測の話になってはしまいますが、葬儀のときに葬儀業者さんに位牌を勧められ、浄土真宗の家にも位牌が作られているのだと思います。(遺族が作りたいという気持ちからの家ももちろんあると思いますが。)今我々の生きている時代では、幸せな事に宗教に関しては、信教の自由を国民に権利として守られております。形にこだわらずとも先祖様へのあなたの思いには何も変わりはありません。もしも先祖代々のお位牌の管理に悩まれているのでしたら、参考になればと思います。

 

関連記事

仏壇の中の仏像について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2021/02/16/1958/

浄土真宗(真宗大谷派)の仏具 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/91/

名古屋市における浄土真宗のお仏壇のご供養処分について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/51/

仏壇の仏具の並べ方を宗派の違い別に紹介(浄土真宗など) ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/47/

位牌は管理し続ける必要はない?浄土真宗における位牌の在り方 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/12/02/1879/

 

 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら → https://gokuyo.com/