位牌をなしにしても大丈夫?手元に残して供養する必要はあるのか?

仏壇の処分を考えているけど、先祖の位牌をどうすればよいか悩んでいる人が増えています。位牌は、代々受け継がれてきた物ですし、どのように対応したらよいのかわからないという問い合わせをもらいます。

あなたがもしも仏教徒であれば、仏教のルールの中で決定するべきでしょう。 (宗派によっても少しづつ位牌の存在意味が変わっています)

あなたが無宗派であれば、気にする必要は全くありません。たとえば仏教徒の人や、無宗派の人がキリスト教の習わしをあなたは徹底するでしょうか?

今回は、「位牌をなしにしても大丈夫?手元に残して供養する必要はあるのか?」について解説したいと思います。

そもそも位牌とは?

位牌とは、亡くなった方の戒名や法名を記した木の札を指します。 誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

葬儀に目にする白木の位牌は、その場かぎりのもので、仮位牌(かりいはい)と呼ばれ、四十九日までに漆(うるし)塗りなどを施した本位牌(ほんいはい)と取り替えます。

本位牌

【本位牌の例】

本位牌には戒名、没年月日、俗名、年齢が彫られ仏壇に祀らるのが一般的です。また、寺院などで祀られる寺院位牌なども存在します。

亡くなった方の魂は空中を漂っていると考えられており、 位牌は、亡くなった方や先祖に帰るべき家を教える目印の役割をすると考えられてます。仏壇とセットで祀っておくようにと決められています。

手元に残しておく必要があるのか?

仏教徒の人の場合

先ほども紹介したように、位牌は先祖が迷わずに家に帰ってくるための目印です。 そのような理由から、仏壇に必ず祀っておくべきものと考えられています。

四十九日の法要が終わり、仮位牌に入っていた魂が本位牌に移された後の仮位牌は処分しても大丈夫です。木材でできているため普通ごみとして出しても問題ありません。詳しくは、それぞれの自治体の分別ルールに従ってください。

白木位牌表

【仮位牌は白木の位牌とも呼ばれます】

ごみに出すのは抵抗があるという場合は、お寺でお焚き上げしてもらえるところもあります。一度お世話になっているお寺に相談してみましょう。 または、位牌や仏壇の整理供養業者にお願いする事もできます。

仏教の世界では亡くなってから30年を一区切りとして無事に霊界へ行けるとの考えがあります。このことから三十三回忌を過ぎたら個人の位牌はお焚き上げをしてもらい、ご先祖様の位牌と合わせるのが一般的です。

無宗派の人の場合

手元に残し、所持し続ける必要があるとは、現在の法律でも定められていません。信教の自由に関しては憲法で守られています。

400年前の江戸時代には、徳川家康が、日本人の戸籍管理とキリスト教の排除を理由に、全ての人々を檀家(だんか)としてお寺に所属させ、そのお寺が市役所の役割を果たし管理を行っていました。

その流れが現在に受け継がれているだけなのです。興味があれば、徳川家康 檀家制度で検索してみてください。

ですが、無宗派だからといってそのままゴミ箱へ捨てるというのもなんだか申し訳ないです。。。

事項では、位牌を処分する方法を紹介したいと思います。

位牌を処分する方法

近年では、お墓や仏壇を持たなくなる家が多く、位牌も手放す人も増えています。手放す方法には2種類の方法があります。

  1. 閉眼供養(魂抜き)を行いお焚き上げする
  2. 永代供養をお願いする

順番にみていきます。

閉眼供養(魂抜き)を行いお焚き上げする

日頃お世話になっているお坊さんに依頼をしましょう。お坊さんとお付き合いの無い人はお坊さんの派遣サービスなどを利用するのもひとつの方法です。

はじめに、お経をあげてもらい、位牌から亡くなった方の魂を抜きます。 こうした法要を閉眼供養といい、亡くなった人の魂が抜かれた位牌はただの「モノ」として扱えるようになります。

位牌を処分できる状態にしたら焼却処分されます。 閉眼供養が3万円から5万円、お焚き上げが1万円ほどでしょう。お焚き上げには「ご先祖様を浄土へ返す」という意味があり、しっかりと供養してもらえるので安心です。

お坊さんと仏壇

【閉眼供養の様子】

永代供養をお願いする

もうひとつは、お焚き上げのように跡形もなくなってしまうのではなく、位牌をそのままの形で手放す方法です。 寺院や霊園などに位牌を引き取ってもらい、自分の代わりにお寺で面倒を見てもらうことができます。一定の期間が過ぎればお焚き上げという流れになります。

お寺によって保管される期間はさまざまですが、3年から5年としている場合が多いです。 永代供養の費用は比較的高額になりますが、大切に保管してもらえます。位牌の処分はしたいけど廃棄するのは気が引けるという方におすすめの方法です。

まとめ

いかがだったでしょうか。仏教の教義では亡くなった人やご先祖様の魂が宿る大切なものとされています。

位牌の所持に関しては任意であり、信教の自由についても日本の憲法で定められており、あなたの実家の宗派にこだわり続ける必要は全くありません。

お寺に永代供養でお願いしたり、魂抜きをお願いしたりして、位牌を手放すのもひとつの方法です。

「昔から決まってたことだから継続していく」という事に従う必要は何もありません。なぜなら形が無くても、先祖の供養は行えます。

ですが、宗教観や価値観は、人それぞれ異なります。後々のトラブルにならないように家族や親族としっかりと相談した上で進めていきましょう。

 

関連記事

位牌をなしにしても大丈夫?手元に残して供養する必要はあるのか? ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/03/13/697/

位牌を手元に残す必要があるの?処分の仕方と保管方法について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/02/10/621/

仏壇、位牌等の供養処分や整理をしたい理由 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/69/

位牌の処分を業者を使って自分で行うにはどうすればよいのか ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/02/03/596/

 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら → https://gokuyo.com/