位牌の種類別、供養処分の方法と平均費用の相場

位牌の種類別、供養処分の方法と平均費用の相場

手元にある位牌を所持できなくなったり、継承できなくなったりして位牌の整理処分をする人が増えています。そもそもどうやって処分すればいいのか分からない人がほとんどで、よく問い合わせをもらいます。

ここでは位牌の種類を紹介してますが、処分の方法は基本的に同じでお坊さんに閉眼供養をお願いし、処分をしていくことになります。

今回は位牌の種類別、供養処分の方法と平均費用の相場について紹介してみます。

位牌とは?

仏教の多くの宗派では、位牌は一般的に仏壇内にまつってあります。故人やご先祖の名前(生前名・戒名)、没年月日などが書かれた縦長のものが位牌と呼ばれます。

位牌は、「家の継承と継続への思い」を表現されたもので、先祖の霊魂を祀るものです。
仏壇の上の方にお祀りします。
葬儀のときには白木の位牌を用い、四十九日法要の時に白木の位牌から黒い本位牌に作り変えます。

【白木の位牌】

【本位牌】

名古屋に多い、浄土真宗では、四十九日までは白木の位牌を置き、本位牌を作らずに法名軸(掛け軸)や過去帳に記して終わる場合もあります。

本位牌の形状

本位牌の形状は、

  • 一枚物の板状の位牌
  • 数枚の板状の札が中に入っている繰り出し位牌

の主に2種類の位牌があります。

一枚物の板状の位牌

一枚物の板状の位牌には、戒名や生前名が記されています。

  • 1名分単独で刻まれたもの
  • 夫婦連盟で刻まれたもの
  • 先祖代々の複数名で刻まれたもの

などが存在します。

数枚の板状の札が中に入っている繰り出し位牌

繰り出し位牌とは、正面に観音扉がついていて、上部の屋根状のものを外すと、薄い板が6枚から7枚収められている位牌の事を呼びます。それぞれ一枚づつに故人の名前や命日等が記されてます。

【繰り出し位牌閉まっている状態】

【上部をはずした画像】

【中の板を出した状態】

故人に授けられる名前のことを、「戒名かいみょう」といい、浄土真宗では「法名ほうみょう」といいます。院号いんごう」と呼ばれる各寺院の本山から直接授かる名前もあります。

戒名:戒律を守り、仏門に入る者に対して授けられる名前

法名:仏の教えを守り、自身も仏となる為に授けられる名前

 

戒名の読み方の例(法名・法号)についてはこちら

それぞれの位牌の供養処分の仕方

白木位牌の整理・処分

白木位牌は仮の位牌ですので、葬儀から四十九日が終わると、本位牌に作り変えられます。このとき、白木位牌から魂・お性根を抜き、本位牌に移し替える供養儀式を行います。これはもともと、最初に白木位牌を作ったときに魂・お性根入れを行っているからです。

多くの宗派では、魂・お性根抜きを「閉眼供養へいがんくよう」、魂・お性根入れを「開眼供養かいがんくよう」といいます。浄土真宗ではそれぞれ「御移徒供養ごいしくよう」「遷座供養せんざくよう」「入仏供養にゅうぶつくよう」といいます。

根本の魂の状態か仏様の状態かという状態が異なるだけで、意味は同じです。供養と表記しておりますが、こういった仏教の儀式を「法要ほうよう」といいます。法要の後の食事会などを含めた全体のことを「法事ほうじ」といいます。

本位牌に作り変えると白木位牌はお焚き上げなどの廃棄処分をします。もし、四十九日が終わって数年経っても白木位牌が残っている場合は、本位牌に作り変えていなかったことになります。

こういった残ってしまっている白木位牌を整理する際は、同様に供養をしてからお焚き上げなどの廃棄処分をします。

本位牌の整理・処分(繰り出し位牌の整理・処分)

本位牌の面倒をみられなくなったり、継承できなくなったりした場合の選択肢は大きくは次の2つです。

  1. 永代供養をお願いする
  2. 整理処分する

永代供養をお願いする場合は、寺院にお願いします。あなたのかわりに寺院が引き続き先祖供養を行ってくれます。ただ、永代供養と言っても、通常は33回忌を過ぎると寺院がお焚き上げなどの処分をする場合が多いので確認が必要です。整理処分をする場合は、閉眼供養を行ってから、お焚き上げなどの廃棄処分をします。

【閉眼供養の様子】

【お焚き上げの様子】

過去帳の整理・処分

位牌も法名軸も作らず、それらの代わりに過去帳を用いる場合もあります。一般的に過去帳とは、故人の戒名(亡くなって授かった名前)、俗名(生前名)、命日(死亡年月日)、享年(亡くなった時の年齢)などを記しておく帳簿であり、記録です。多くの宗派では位牌も過去帳も重複して作ることが多いですが、浄土真宗ではこの過去帳のみ場合もあります。

位牌処分の具体的な進め方と依頼方法、費用相場

1、檀家になっているお寺へ直津お願いする

メリット:いつもの方で安心

費用相場(お布施金額):1~5万円+お車料など(供養のみ、処分別)

2、ネットの「僧侶手配サービス」へ申し込み

メリット:お布施が定額で安心

デメリット:誰が来るのか分からなくて不安

費用相場:35,000から45,000(供養のみ、処分別)

3、位牌の整理処分の専門業者に依頼する

メリット:宅急便等で送付が可能。供養から処分までやってもらえる。低料金で供養状況も動画で視聴可能

デメリット:供養の様子が目の前で確認ができない

費用相場:位牌1柱あたり 5,000~ (供養からお焚き上げまで)

それぞれにメリット・デメリットがあるので、あなたの現状と希望に合わせて選びましょう。

まとめ

いずれにしても、「ご先祖様や故人を大切に思う気持ち」が大切です。この気持ちがあれば、必要以上に仏教の作法やルールにこだわることもないと思います。しかし、位牌整理処分をするにあたっては、家族・親族としっかり話し合った上で実施する事をお勧めします。

お位牌やお仏壇の面倒を見ることができず、供養整理をする人が増えてきています。お付き合いのある菩提寺があったり、親しいお坊さんが近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係にわずらわしさを感じる人も多いようです。

このような場合、「位牌・遺影・過去帳や仏壇の魂・お性根抜きから整理処分」までを、一式行なってくれる専門業者がありますので、わからないこと・不安なことを気軽に聞いてみてください。先祖代々のお位牌やお仏壇ですから、きちんとご供養整理をしたいものですね。

 

関連記事

仏壇を処分したいとお考えの方へ ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/08/14/1408/

仏壇処分は悪いこと?罪悪感を感じてしまう場合の対処方法 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/65/

仏壇処分の後に供養を続ける方法:(厨子というミニ仏壇の用い方) ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/03/02/673/

 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら → https://gokuyo.com/