位牌の処分を業者を使って自分で行うにはどうすればよいのか

位牌が手元にあり、継承者がいないなどのやむを得ない事情によって位牌を処分せざるをえなくなった時、どのようにしたらよいのでしょうか?

引っ越しして都会のマンションに住むという場合などは、これまでのような大きな仏壇を置けなくなったりしてしまいますし、継承者がいない為、位牌の整理処分する必要があるという方も大勢います。

粗末に扱ったら大変!とどうしたらよいのか分からない人からたくさん対応方法を尋ねられます。ですが安心してください。そんな時には、魂抜き供養やお焚き上げを行うことで、位牌から先祖の魂を抜いてもらい、焼却することにより、安心して処分することができます。そこで、位牌の処分を業者を使って自分で行うにはどうすればよいのかを紹介してみたいと思います。

位牌とはどのようなものか?

位牌は亡くなられた方の戒名・法名を記した木牌のことで、仏壇にお祀りするのが一般的です。

【色々な位牌の例】

魂抜き供養とは?

魂抜き供養は、仏壇のご本尊や位牌に対して、宿っている先祖代々の魂を抜いてもらう儀式です。位牌は故人やご先祖様が自宅に帰ってくることができるためのもので、魂を入れていただいているものです。

そのため、魂が宿っている状態のままで捨てたりすることは先祖の魂をそのまま捨ててしまうということにもなりますのでタブーとされています。 しかし、様々な理由で位牌を処分しなければならないという場合は、お寺のお坊さんにお経をあげていただいて、位牌に宿った魂の抜き供養を行います。

故人の戒名や法名、没年月日などが記された位牌は重要な先祖の魂が宿ったアイテムですので、位牌を整理したり処分するという場合にはきちんと魂を抜くことが大切です。

【魂抜きの様子】

魂抜きの手順

魂抜きは寺のお坊さんに依頼して行ってもらう必要があります。魂抜きを考える時にはいくつかの方法がありますので、その中から選択しやすい方法で魂抜きをしてもらうことができます。

  • これまでの付き合いがあるお寺に相談する
  • 仏壇仏具店に相談するという方法
  • 供養業者に相談
  • 遺品整理業者に相談する

魂抜きを行う時に一番多いのがお寺に依頼するという方法です。 菩提寺やお付き合いのあるお寺に事前に相談し、魂抜きを行う場所や日にちを決めましょう。
魂抜きを行う場合は、必要な仏具やお供えを用意しておく必要があります。

必要な道具として、おりんや木魚、線香立てなどです。他にも、ロウソク立てや花瓶、読机や座布団などを用意します。 自宅で僧侶に来てもらって魂抜きを行う際には、お布施とお車料を用意するのが一般的です。

【おりんの例】

【ろうそくの例】

【線香の例】

お布施は気持ちですが、数万円くらいが相場といわれ、お車料は距離によっても違ってきますが、1万円円から4万円ほどが一般的とされています。

供養業者に依頼するというときには、見積もりを出してもらい料金の確認を行いましょう。また、魂抜きでは新札を準備するのがマナーですので注意をしておきましょう。

お布施を渡すときには、魂抜きが終わった後、感謝の気持ちとともにお渡します。 お布施袋を裸で渡すとマナー違反ですので注意しましょう。

正式な私方は切手盆にかけ袱紗をしたり、お布施を袱紗に包み手渡しをします。仏壇仏具店に相談する場合は、造り替えしたりリフォームしたりする場合に行われることが多いといえます。

また、遺品整理業者に相談する場合は、後を見る人がいなくなったりしたケースなどで選択されている方法といえます。

【お布施をお渡しする様子】

お焚き上げとは何か?

お焚き上げは位牌を寺社などで感謝の気持ちを込めて、天に返すために行われる儀式です。お焚き上げは、大切なものは宗教的な儀礼に沿って炎とともに処分するという考え方に基づいて行われているといわれます。

僧侶などが一定の手法によって気持ちを込めて祈祷し、お祓いをして焚き上げを行います。魂抜き供養を終えた位牌は先祖の魂は宿ってはおらず、普通の家具と同じように一般ゴミとして処理することが可能ですが、長い間先祖などの魂が宿っていたものですし、位牌の処分は寺社に相談して行ってもらうのが安心です。

また、位牌は菩提寺に納めるのが本来的な処分の方法ですし、お焚き上げは感謝の意味で位牌そのものの供養も行ってもらった後に処分することができます。

お焚き上げの手順は?

お焚き上げは檀家になっているお寺に連絡をして、お焚き上げをお願いするのが自然といえます。まずはお寺に問い合わせをして、お焚き上げの日時を決めましょう。 その際、お焚き上げは費用は決まった金額はありませんが、大体1万円~10万円くらいが相場です。ただ、昨今は環境に配慮することなどから供養だけ行って、境内で焼却を行わないところもあります。したがって、事前にどのように行われるのかを確認しておくようにしましょう。

お焚き上げについて、お願いしたい寺社が遠方だったなどの場合はどうするのがよいのでしょうか。この点については、業者に相談して行ってもらうという方法もあります。郵送で受付してくれる寺社もありますが、お焚き上げ代行遺品整理を行っている業者も昨今増えてきていますので、そうした業者に依頼するのも一つです。 ただ、価格的にはお寺に依頼して行ってもらうよりも高めになることも多いといわれていますので、お寺にお願いして行ってもらえるならその方がいいでしょう。

お寺に依頼するメリットはやはり価格や費用的なメリットがあり、料金は気持ち分のお礼を納めるということになるため相場を確かめたり、相場がわかりにくければ、他の人はどれくらいの金額を収めているのかなどを教えてもらいましょう。お寺や神社という場所で浄火してもらえるため、ご利益にあずかれるという点もメリットです。しかし、受付してくれる時期などが限られていたりするなどのデメリットがあり、長所と短所を比較して検討してみましょう。

まとめ

魂は目に見えないものですが、古くから位牌を処分する場合にはまずはご先祖様の魂を抜いてもらうということが行われてきました。

位牌は故人の魂が下りてくるために必要なもので、ご先祖の魂を地上に呼び寄せてくれるアイテムでもあります。こうした位牌を様々な理由で処分しなければならないときには、魂抜きの儀式を行ってもらい、位牌に宿っている祖先の魂を抜いてもらいましょう。そして、その上でお焚き上げを行って位牌を供養してから処分してもらうようにします。

このような魂抜きやお焚き上げは、お寺などにお願いして行ってもらう方法が一般的です。 魂抜きやお焚き上げを行っていただくために必要な道具をそろえ、お布施などを用意しましょう。

お布施などの金額については相場的なものがあり、よくわからない場合は事前に尋ねてみることで金額を確認しておくことがおすすめです。 こうした儀式を経て大切な位牌を処分することが先祖への感謝の気持ちであり、大切な位牌を処分しなければならないときに安心して整理できる方法です。

 

関連記事

位牌をなしにしても大丈夫?手元に残して供養する必要はあるのか? ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/03/13/697/

位牌を手元に残す必要があるの?処分の仕方と保管方法について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/02/10/621/

仏壇、位牌等の供養処分や整理をしたい理由 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/69/

位牌の処分を業者を使って自分で行うにはどうすればよいのか ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/02/03/596/

 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら → https://gokuyo.com/