仏壇を処分する場合どうして供養が必要なのか?仕方と費用について

仏壇を片付けるときには、魂抜たましいぬきと呼ばれる供養をお寺のお坊さんにお願いしてから処分をします。故人の魂をきちんと供養することで無事に処分できるようにします。お仏壇のご供養じまいなどが増えてきた昨今ですが、仏壇の供養して処分するという事は、一生に一度あるかないかの行事ですから分からない人がほとんどです。

「そんなの初めて聞いた」という人がほとんどどかもしれません。

今回は「仏壇を処分する場合どうして供養が必要なのか?仕方と費用」について紹介してみたいと思います。

どうして魂抜たましいぬきが必要なのか?

仏壇は、故人の魂を宿すものです。そのままの状態でごみとして処分してしまうというのは、故人をないがしろにしてしまうことになると考えられてきました。故人の魂が宿っているものを安置している場所から移動させたり、供養しないまま壊したり処分するということは良くないことです。

若い人や信仰の無い人は、「お寺との関係を持ちたくない」と考えてしまうかもしれませんが、先祖代々の仏壇を処分するのであれば、魂抜きをすることで気持ち的にも後腐れなく処分できるので実施する事をお勧めします。けじめをしっかりつけるという意味で、最後の供養を行いましょう。

また、魂抜きは通称名であり、宗派によっては違った名称で呼ばれることがあります。日本で最も信仰者が多い浄土真宗では魂抜きという言葉は使用せず、「遷座法要せんざほうよう」と呼ばれています。その他の宗派では、「お精魂抜しょうねぬき」、「撥遣供養はっけんくよう」という名前で呼ばれますが教義の違いはあるが、供養するという事では一緒です。

自宅にある仏壇がどの宗派によって供養されたのかがわからない場合は、引き受けてくれる宗派のお寺へ依頼すれば問題ありません。自身にこだわりが無ければ、どの宗派でも受け入れてくれると思います。

魂抜たましいぬきの対象は何になるの?

故人の供養に関するものは、お墓をはじめ、仏壇や位牌、遺影、仏像など大きな家や長く受け継いで来たものであれば数や大きさも増えてくるでしょう。宗派によっては魂抜きをすべきものが決められているものもあります。

決まったもの以外でどうしても魂抜きをしてほしいものがあればお寺さんに相談してみてください。仏壇は家の中にあって意外と場所を取るので、引っ越しや改築などを理由に仏壇の処分だけを考えている人も多くなっています。仏壇の引越しを断る引越業者も多いですし、解体業者も仏壇だけは取り扱ってくれない場合がほとんどです。

自宅の仏壇の魂抜たましいぬきを依頼する流れ

実際に自宅の仏壇を魂抜きしてもらう流れをみていきましょう。宗派によって呼び名も内容も違うので、今回は愛知県や名古屋市で最も多い、浄土真宗の流れを例に紹介していきたいと思います。

浄土真宗では魂抜きを「遷座法要せんざほうよう」と呼び、仏壇を処分するための法要となります。浄土真宗では亡くなった人達は仏様になられるという考え方で、教義の違いから、魂を宿さないという方針です。最初に仏壇やお墓に魂を抜くと意味の「魂抜き」のような儀式の代わりに「遷座法要」を行い、仏様に移動していただきます。

仏壇や位牌に、魂はすでに宿っていないと考えられているため、この法要では「宿っている魂を供養する」という目的ではなく、「お参りをしていた仏壇など対象物への感謝を昇華する」という意味合いでお経を唱えます。長々と説明してしまいましたが、お寺に連絡の時は、「魂抜きをおねがいします。」と依頼すれば伝わるはずです。

依頼後は日時を決めてその日になったらお経をあげてもらって終了です。その後は仏壇は単なる入れ物となりますから、そのまま粗大ごみとして処分しても問題ありません。

自分でやりたくない。近所に知られたくないと思う気持ちの方が多いと思いますので、自分で処分が難しい場合は、少し料金がかかりますが、仏壇処分を専門にしている「仏壇供養整理業者」などに依頼する方法もあります。

また、「仏壇供養整理業者」は、お坊さんの紹介も行っているところもあります。ネット上での僧侶の派遣相場は3万円~4万円くらいです。

お坊さんと仏壇

【仏壇供養整理業者による遷座法要の様子】

・お布施ふせの金額は?

基本的に法要を依頼する際にはお布施ふせが必要となりますが、金額は大きく差が発生するので相場は周囲の人と相談したり、直接聞いてもいいでしょう。相場としては、2万円~5万円くらいです。

お寺側としては「お気持ちですので」と答えるかもしれません。その場合は、「皆様はおいくらほど用意されてますか?」と尋ねるとお寺側も答えやすいくなると思います。それでも教えてもらえない、もしくは聞きづらい場合は、近所にいる同じ宗派の人に相談をしたり、親族と相談して決めましょう。

お布施は一連の法要が終了した後、依頼した人が個人的にお礼を言う際に渡しましょう。法要が始まる前や参加者が見ている前、後日などは失礼に当たるので気をつけましょう。

【お布施をお渡しする様子】

・大規模にすべき?

法事となると親族を呼んで大規模に行うということが多いのですが、遷座法要せんざほうよう(魂抜き)の場合、身内で済ませることが一般的とされています。親戚には遷座法要せんざほうようすることを伝えて、参加したい人がするという方向で問題ありません。

また、当日は形式張った喪服などを着る必要はありませんが、できるだけ落ち着いた服装にすることを心がけましょう。

魂抜たましいぬきの時に準備しておくもの

魂抜きの法要をしてもらう際、特別に用意しておかなければならないものは特にありません。基本的にはお経をあげるだけの簡単なものですので、特別に仏具を借りたり、儀式のために道具を必要とすることもありません。準備としては、線香やろうそく、仏花があれば問題ありません。

お花仏花

ろうそく

毎日香せんこう

また、可能であれば、自宅に置いてある故人に関するものも一つの部屋に集約しておきましょう。仏壇だけを供養してもらう法要だとしても、遺影や故人の思い入れがあるものなども揃えておくといいでしょう。

魂抜たましいぬきの依頼方法

基本的にはお寺に依頼するのが一般的ですが、遠方に住んでいたりどのお寺に連絡すればいいかわからない場合もあると思います。そんなときにはインターネットで魂抜き法要をしてくれるお寺を探したり、場合によっては葬儀社で紹介してくれることもあります。葬儀社へ相談するのは最終手段として覚えておきましょう。近年では依頼する際に法要にかかる金額を先に伝えてくれるお寺もありますので、先に費用を相談するのもおすすめです。

お坊さん

【お坊さんの派遣サイトもインターネットで見つかります】

まとめ

魂抜きはいわゆる「けじめ」のために必要な儀式です。宗派によって呼び名や目的は違えど、故人と生きている親族がけじめを付けるためにお経をあげてもらいます。これまで近くで現世に残った人を見守ってくれた先祖の方々にこれからも見守ってもらうためにも、魂抜きは必ず行う事をお勧めします。

 

関連記事

仏壇を処分する場合どうして供養が必要なのか?仕方と費用について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/81/


仏壇処分の魂抜きは必要?費用の相場について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/79/


仏壇処分を業者にお願いする時の3つのチェックポイント ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/67/


仏壇処分を解体業者に断られた時の対処方法 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/03/18/708/

 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら → https://gokuyo.com/