魂抜き・お性根抜きにおける、お布施袋の書き方と渡し方のマナー

遷座法要(せんざほうよう)や御移徒法要(ごいしほうよう)などの魂抜き(たましいぬき)お性根抜きのような、ご供養をお願いする時には、お坊さんにお布施(おふせ:謝礼のこと)を渡します。

その際のよくある質問として、

  • 用意の仕方
  • お布施袋の記入の仕方
  • お渡しするときのやり方

というような質問をよくもらいます。

魂・お性根抜きとも呼ばれる、遷座法要・御移徒法要とは、「仏壇を片付ける時にご本尊に対して感謝をお伝えし、お別れをする儀式」のことで、閉眼供養とも呼ばれます。葬儀やお通夜に参列する場合の香典袋の渡し方や渡し方の作法はある程度理解しています。

しかし、魂・お性根抜きについては、1度あるかないかの事なのでどうしたらよいかわからない人がほとんどです。

お布施包む様子⑧

【お布施の見本】

魂抜き・お性根抜きは弔事(お悔やみ事)ではありません。最低限のマナーさえ知っておけば大丈夫です。

今回は、「魂抜き・お性根抜きにおける、お布施袋の書き方と渡し方のマナー」について解説します。

お布施袋はどんなもの?

お布施袋を用意しましょう。コンビニやスーパーで売っている白い封筒で大丈夫です。
あまり、形式にこだわった豪華なものを用意する必要はありません。
白封筒の場合は自分で「御布施」と書きます。

お布施袋の書き方、お金を入れる向き

魂抜き・お性根抜きにおけるお布施袋の表書きは、漢字で「御布施」と書きましょう。
お布施以外の食事代や、交通費を渡す場合は、「御膳料」、「御車料」と書いてください。
そして、それぞれの袋の下部には、「○○家」またはフルネーム、または、苗字のみを記載します。
実際のところ、渡すとしても、御膳料を除く、( 御布施 + 御車料 )が多いかもしれません。

裏面の書き方

裏面には「住所、氏名、金額」を書いておけばより丁寧です。
お布施とは労働対価ではなく、本来は金額を書く必要はありません。
しかし、寺院の記録や経理上の都合、「書いたあった方が都合がよい」とお坊さんからよく聞きます。
迷ったらとりあえず記載しておきましょう。
金額は漢数字で書くのが一般的です。(壱、弐、参)となります。
そして数字の前に 金 最後に 圓也 をいれます。

使用する漢数字

  • 1  壱
  • 2  弐
  • 3  参
  • 4  四
  • 5  伍
  • 6  六
  • 7  七 
  • 8  八
  • 9  九
  • 10  拾
  • 100  百
  • 1000  阡
  • 10000  萬

記入例

  • 5,000    金伍阡圓也
  • 10,000   金壱萬圓也
  • 30,000   金参萬圓也
  • 35,000   金参萬伍阡圓也
  • 50,000    金伍萬圓也 または 金五萬圓也
  • 100,000   金壱拾萬圓也

使用する筆記具は?

お布施の表・裏書きは、用意ができるなら毛筆で書きましょう。
そして、うす墨(薄い墨)
ではなく濃墨(真っ黒な墨)を使用してください。
葬儀のお香典などはうす墨で書きますが、お悔やみ事ではありませんので、真っ黒な墨で問題ありません。

お金の入れ方・向き

使用する紙幣は、できれば新札を使用しましょう。
魂抜き・お性根抜きは決してお悔やみ事ではありません。
お金を入れる方向は画像の様に袋の表側にお札の肖像画が来る向きで入れましょう。
香典は逆向きですのでご注意を!!

お布施の中身

【写真 お金を入れる見本画像】

お坊さんへのお布施袋の渡し方

一般的にお布施を渡すタイミングはお坊さんのお勤めが終わったタイミングです。
一緒に、お菓子やお茶を一緒に出すと、より感謝の気持ちを伝えることができるかと思います。
そして、お布施を切手盆(きってぼん)という四角いお盆に載せて渡します。
お布施袋をそのまま裸で手渡しするのは、マナー違反ですので避けてください。

お布施の用意

【切手盆に載せてお布施を渡す画像】

そして、お布施と書かれた文字をお坊さんが読む方向に向けて出します。
簡単な言葉でかまいません。
「本日はありがとうございました。些少ですがどうぞお納めくださいませ。」
と、感謝を伝えます。

お布施を渡す様子2

【お布施の渡す向きの画像 お坊さんが読む向きで】

 御車料を同時に渡す場合はお布施袋が一番上にくる順番にしてお渡ししましょう。

まとめ

魂抜き・お性根抜きにおける、お布施袋の書き方と渡し方のマナーについて解説しました。
こういった作法は、必ず、こうしなければならないという事ではなく、最低限の作法だと思ってください。
時代の移り変わりや宗派によっても少しづつ違いがあると思います。
一番大切な事は、感謝を込めて感謝の気持ちを伝えということが大事であり、忘れない様にしたいですよね。

 

 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら → https://gokuyo.com/