名古屋市における浄土真宗のお仏壇のご供養処分について

名古屋市で最も多いのが浄土真宗です。(全国でも多いですが)浄土真宗の仏壇が実家に残っていて、引越しなどを機会に仏壇を片付ける人が増えています。お坊さんに家まで来てもらって魂抜きをしてもらうことになるのですが、浄土真宗では遷仏法要せんぶつほうよう(魂抜き)といわれる法要をお坊さんにお願いすることになります。

今回は浄土真宗における遷仏法要せんぶつほうようについて紹介してみようと思います。一緒にお仏壇のおまつりの仕方やお布施ふせの用意にも解説してみたいと思いますで、お坊さんの訪問の際の参考になればと思います。

遷仏法要せんぶつほうようの概要

遷仏法要せんぶつほうようは他宗派における魂抜たましいぬきや閉眼供養へいげんくようと同じ意味合いの言葉で、「遷座法要せんざほうよう」や「御移徒法要ごいしほうよう」と呼ばれる事もあります。基本的にはお仏壇やお仏壇におまつりする本尊ほんぞん(仏像・掛け軸)・墓石や過去帳(故人の享年や戒名などを記録しておく帳簿)などを処分したり、修復または移転の際に行う式の事です。式の内容としては、僧侶に自宅(またはお墓)にまで来ていただき、そこで読経をいただくというのがメインとなります。

魂抜たましいぬき・閉眼供養へいげんくようとの違いは?

魂抜たましいぬきや閉眼供養へいげんくようというのはお仏壇などに「魂がこもっている」という考え方をする宗派の言葉であり、厳密に申しますと「亡くなった人はすぐに仏さまになられる」という考え方をする浄土真宗では用いられません。

どちらかと言えば、遷仏法要の場合はお墓やお仏壇の仏さまに感謝をするという意味合いのものです。また、遷仏法要せんぶつほうようの後に「入仏法要にゅうぶつほうよう」を行う事で、お仏壇に阿弥陀如来あみだにょらいに入っていただく、つまりはお仏壇などをお世話しているご家族・親族などが安らかに過ごせますようにと願掛けするといったような意味もあります。

本願寺派・真宗大谷派で違いはある?

浄土真宗では大きく分けてお西さんである本願寺派と、お東さんと呼ばれる真宗大谷派がありますが、遷仏法要の違いがあるのでしょうか?

内容自体は本願寺派・真宗大谷派による違いはほとんど無く、のし袋への上書きや式の流れ、注意すべき事などもほとんど共通しています。唯一の違いは若干お仏壇に置く仏具が異なる程度で、それも強制では無いのであまり気にしすぎる必要も無いでしょう。

遷仏法要の際の仏具の並べ方

遷仏法要を行う際には、通常のお務めと同じように本尊ほんぞんやその他仏具をお仏壇に並べておまつりしましょう。新しいご本尊などに変える場合も、新しく購入した物にはまだ仏様が入っていないので、いつも使っていた物をそのまま配置すればOKです。なお、墓石の遷仏法要をお墓のある場所で行う場合は、お線香と数珠だけ用意しておけば問題ありません。

 

仏壇の仏具の並べ方を宗派の違い別に紹介(浄土真宗など) ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/47/

本願寺派の場合

本尊ほんぞん(阿弥陀如来あみだにょらい)

掛け軸の場合は後光が8本の物、仏像の場合は頭光・光背どちらも付いている本尊をお祀りします。

【上枠に対して光が8本】

脇侍わきじ

ご本尊より少し低い位置に合わせ、左側に「蓮如聖人れんにょしょうにん」が書かれた掛け軸を、右側には「親鸞聖人しんらんしょうにん」が書かれた掛け軸をおまつりします。

その他仏具

基本的には本尊と脇侍に加え、花立(×2)、火立(×2)、玉香炉、仏飯器ぶっぱんき六角供花ろっかくきょうか(×2)、おりん、打敷うちしき、線香差し、マッチ消しを揃えるのがベターです。ただし、お仏壇が小さくて並べるスペースが無いという場合は、最低限「香炉こうろ」「花立」「ろうそく立て(火立)」の三具足があれば問題ありません。

六角供花

【六角供花】

並べ方(三段のお仏壇の場合)

本尊ほんぞん…一番上の段の真ん中。

脇侍わきじ…ご本尊の両サイド(通常は掛けるスペースがあります)。

香炉こうろ…二段目の真ん中。

花立…香炉の向かって左(1つの場合)、両サイド(2つの場合)。

火立…香炉の右(1つ)、三段目の花立と同じ並び(2つ)、経机があれば左から火立・経机・火立と並べる。

六角供花ろっかくきょうか…二段目の一番外側の両サイドに二つ置く。

おりん…3段目の右寄りの所に。火立・経机があればお仏壇の外でもOK。その場合は卓や台に置くと良い。

マッチ消し・線香差し…三段目の左側

大谷派の場合

本尊ほんぞん(阿弥陀如来あみだにょらい)

真宗大谷派では頭光のみの付いた仏像、あるいは後光が6本指した絵が描かれている掛け軸をお祀りします。ご本尊が阿弥陀如来であるのは本願寺派も大谷派も一緒ですが、ご本尊のデザインに大きな違いがある事に十分ご注意下さい。

阿弥陀如来像(真宗大谷派)

背中に飾りがありません

【上枠に対して光が6本】

 

脇侍わきじ

お仏壇の向かって右側に「十字名号じゅうじみょうごう」、左側に「九字名号くじみょうごう」が書かれた掛け軸を掛けるのが基本です。ただし、お寺によっては本願寺派と同じ親鸞聖人しんらんしょうにん蓮如聖人れんにょしょうにんだったり、反対に本願寺派の方が十字名号・九字名号の脇侍を使う事もあります。地域によっても異なりますので、事前にお寺へ問い合わせをしておくのが良いでしょう。

その他仏具

ご本尊と脇掛、花立(×2)、火立(×2)、玉香炉たまこうろ仏飯器ぶっぱんき六角供花ろっかくきょうか、おりん、打敷うちしき、線香差し、マッチ消しを使うのは本願寺派と変わりませんが、大谷派はこれに加えて「透かし香炉」を置く事も多いです。

花立て(大谷派)

【花立】

ろうそく立て(大谷派)

【火立】

香炉(大谷派)

【玉香炉】

とは言えこちらも強制では無く、揃えるのが難しければ三具足や五具足で構いません。また、大谷派は玉香炉と火立・花立に金色の物を使う風習がありますが、これも無ければ普通の物で大丈夫です。

並べ方(三段のお仏壇の場合)

本尊ほんぞん…一番上の真ん中。

脇侍わきじ…一番上のご本尊より少し低い位置の両サイド。

玉香炉たまこうろ…一番上のご本尊の前、透かし香炉が無ければ二段目の真ん中でOK。

透かし香炉…あれば二段目の真ん中に置く。

花立…透かし香炉の向かって左(1つの場合)、透かし香炉の両サイド(2つの場合)。

火立…透かし香炉の右(1つ)、三段目の花立と同じ並び(2つ)。

六角供花…二段目の一番外側に1つずつ置く。

おりん…三段目の少し右寄りかお仏壇の外に置く。

マッチ消し・線香差し…三段目の左側。

なお、過去帳を置く場合はおりんやマッチ消し・線香差しは別の台に乗せ、三段目の右端に過去帳を置くようにするのが基本です。と言っても、本願寺派も大谷派も必ずこの通りにしなければいけないという訳では無く、あくまでもこれは一例となります。

遷仏法要の、のし袋の包み方

使用するのし袋の種類

遷仏法要の場合は必ず「水引無し」で「無地(真っ白)」の物を使用しなくてはいけません。年忌法要や入仏式の場合と異なり色が付いた物、または白黒の物も避けた方が無難です。

のし袋の表書きについて

浄土真宗は本願寺派も大谷派ものし袋の表書きには「遷仏法要御礼」と書いて僧侶にお渡しします。単に「お布施」と書いても問題ありませんが、仏様へのお供えでは無くお坊さんへの報酬のようになってしまうので、どの宗派でも「御礼」と書くのは厳密に言うと間違いです。

遷仏法要でお渡しする金額の相場

遷仏法要御礼の相場は1万~5万円と幅広く、これと言って決まった金額というものはありません。あくまでも自分でできる範囲のお布施(ほどこし)ですので、家計に無理の無い程度にしておくのが良いでしょう。

遷仏法要の流れ

  • 僧侶の読教をいただく。
  • お説法をいただく(最近は無いケースも多いです)
  • 読教またはお説教が終わったところでお布施をお渡しする。
  • 僧侶をお見送りする。
  • お仏壇や仏具・お墓を処分する。

遷仏法要の流れは他の法要の場合とほとんど変わりません。法要が終わった後はそのまま処分する物は処分してもらって構いませんが、新しいお仏壇や仏具・お墓を購入した場合は、新しい物と入れ替えたタイミングで入仏式を取り行いましょう。

入仏式は新しい物と入れ替えて1週間程度のうちに行うのが望ましいですが、時間の都合が付かい場合は遅くなりすぎなければいつでも大丈夫です。

まとめ

名古屋市の実家の仏壇を片付ける場合の参考にしてみてください。遷仏法要は、魂抜きと同じ内容にはなりますが、教義の違いから魂という言葉を使わずに、仏様に対してお礼を述べお別れする儀式となります。魂抜きをお坊さんにお願いする場合も、そのまま魂抜きという言葉を使ってお願いしても問題はないはずです。

また、最近ではお付き合いの無い人向けにお坊さんを紹介してくもらえるサイトもありますのでインターネットで利用してみてください。

 

関連記事

仏壇の中の仏像について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2021/02/16/1958/


浄土真宗(真宗大谷派)の仏具 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/91/


名古屋市における浄土真宗のお仏壇のご供養処分について ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/51/


仏壇の仏具の並べ方を宗派の違い別に紹介(浄土真宗など) ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/01/14/47/


位牌は管理し続ける必要はない?浄土真宗における位牌の在り方 ⇒ https://gokuyo.com/useful/2020/12/02/1879/

 

 

位牌・遺影・仏壇などの魂・お性根抜き供養~整理処分をするなら → https://gokuyo.com/